無料ブログはココログ

05.コードとは テンションについて

ここまで、ベーシックコードについて説明しました。

和音とは、、、、??

任意の音(Root)の上に3度ずつ音を積み重ねたもの

でした。

ということで、

Root→3度→5度→7度→9度→11度→13度

と13度まで積むことができます。

(なぜ13度までかはわかりますよね?? 現代音楽では15,17なども考えますがここでは一般的な範囲にとどめておきます。)

そこで

Root,3度、5度、7度  を ベーシックコード 

9度、11度、13度 を テンション 

呼んでいます。

テンションにはそれぞれ

9度→ b9 ナチュラル9 #9

11度→ ナチュラル11 #11

13度→ ナチュラル13 b13

があります。

どのコードにどのテンションが乗るかというのはコードによります。

コードの種類によってテンションの種類は変わるということです。

つまり、ラーメンでいうと

ベーシックコードは  麺、スープ

テンションは 上に乗せるトッピング

になります。

塩ベースのメジャーコードにバター(#11)というトッピングを乗せるとよりコードがゴージャズになる

という仕組みです。 当然、テンションはベーシックコードとの相性があるので、 何でも乗せれば

いいということではなく、 乗せるテンションによってラーメンの味が変わります

では、どの種類のラーメンに、どのトッピングを乗せるのか??

それは、後ほど説明するので、

結論、、、

テンションはコードをゴージャスにするトッピング

だと理解しておいてください。

つまり、コードトーンでなく、テンションを吹くと、おっ!!! 何やこれ??となるわけですね。

でも、やはりラーメンの決め手は麺とスープ、、、

あくまでもコードトーンを吹かなければそのコードの味はしません、、、。

ということで、コードトーンは重要です。

ここで和音のイメージについて少し述べたいと思います。

Chordimage

 テンションは ベーシックコードの上に積まれたものです。

上の図のようにテンションはベーシックコードの上に詰まれたものです。

つまり、サックスなど単音でテンションを弾くときは、低い音域ではきれいに響かないことがわかると思います。

Tenshonimage

低い音域でテンションを吹くとイメージは左のようになります。  テンションは乗せて何ぼのものでベーシックコード(の音域)よりも上で吹くときれいに響きます。さらにはきれいにテンション的なサウンドを作りたいときは三度で下から吹くとテンションのサウンドを作る事ができるわけです。

(デイブリーブマンがほげほげ吹いていてもそんなに気持ち悪くないのはソプラノの高い音域でテンション的なことばかり吹いているからです。同じことをテナーでやると結構気持ち悪いとおもいます)

www.tomosax.net

~~~ブログの内容をすべてPDFにまとめました。~~~

 

詳しくはこちら。