無料ブログはココログ

« 13.ビーバップスケール一発? | トップページ | 19.7thコードでHalf-whole Dim »

15.Ⅴにおける分散和音アプローチ2

さて、前回はⅤの部分でディミニッシュの分散和音を使うというものでした。

もうひとつビーバップでよく使われるのが、オーギュメントのトライアドです。

ディミニッシュよりもさらに”アクがつよい”オーギュメントは、分散和音としてラインに組み込むだけで

かなり特徴的なサウンドを作り出します。

では、まずオーギュメントのおさらいから、、。

オーギュメントのトライアドもディミニッシュ同様、展開するとほかの3つと同じ形になります。

06151_2 (クリックして拡大してください)

各三種類のオーギュメントは対称的な形をしているので、ひとつ練習すれば三つ練習したことになります。

仮にCメジャーのキーでⅤ、つまりG7のところで使うとするならGaugあるいはBaug,D#augを使うことになります。

以下、簡単な例です。

06153 二つの例ともⅡm7ではビーバップスケールを使用しています。 G7にたどり着いたときにはG7の分散和音を丸出して使用しています。

以下の例はコルトレーンがマイルスと某アルバムのブルスで実際にえそうした例で

三曲目のDbブルースで、Ⅵ7で使っています。

06152 1分13秒くらいのところで、ブルースの二段目の後の二小節ですね。

非常にシンプルでいい使い方です。 その前のDb7の代わりにF7をつけて3度からの下りるビーバップスケールを使用しています。

では皆様練習してみてください。

InEb

InC

InBb

www.tomosax.net

~~~ブログの内容をすべてPDFにまとめました。~~~

 

詳しくはこちら。


« 13.ビーバップスケール一発? | トップページ | 19.7thコードでHalf-whole Dim »

15.Ⅴにおける分散和音アプローチ2」カテゴリの記事

コメント

初めまして、某私大JAZZ研でTP吹いている者です。RECORDA MEで検索していたらたまたま
辿り着きました。ちょうど今度やる曲だったので、アドリブどうしようかなぁと悩んでいたところでこのブログに出会いました。
他の記事もすごく参考になります。
というか印刷して練習してもいいですか?

コメントありがとうございます。

印刷して練習していただいても結構ですが転載はご容赦願います、、、。

楽しんでいただければ幸いです、、。

Tomo

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1010750/21715290

この記事へのトラックバック一覧です: 15.Ⅴにおける分散和音アプローチ2:

« 13.ビーバップスケール一発? | トップページ | 19.7thコードでHalf-whole Dim »