無料ブログはココログ

26.オルタードスケール応用編1

前回までで、オルタードスケールのサウンドの作り方について説明しました。

つまり
スケールで上がったり下がったりではなく、分散和音として使いいろいろなサウンドを作り出す
ということでした。

今回はその応用編で60年代中期あたりに発見されたアイディアを説明します。

人呼んで

”ヘキサトニック

ヘキサトニックというのは、トライアドの二つの組み合わせからなるもので6音のスケールになります。

さて、Ⅱ-Ⅴ における G7でオルタードを使うという内容で説明してきました。
このG7 オルタードスケールの中にもヘキサトニックがあります。

13

(クリックして拡大してください)

つまりGオルタードスケールの中にはDbとEbという二つのトライアドがあります。

これの2つのトライアドを交互に吹くことで、DbとEbのサウンドをちりばめることができます。

このヘキサトニックスケールはパターンとして使われることが多く、練習もフレーズのパターンみたいな感じでするのがいいと思います。

(例)

14

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

では、実際にツーファイブで使ってみましょう。

15

ちょっと変わった感じのサウンドになりますね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さらに応用してみましょう。 (上級編?)

Dm7を勝手にマイナーメジャーセブンに変えてみましょう。

つまり、Dmmaj7にしてDメロディックマイナーにします。 このスケールは、G7でLydianDominantと同じスケールですから、大して変わったことをしてるわけではありません。

つまり、元々ツーファイブはファイブ一発に四度はなれたマイナーを乗せてると考えられるので、Ⅴ7一発と考えても問題ありません。なのでG7 2小節のうち前半部分をG7 Lydian7th 後半をG7 Altとモードチェンジすることが可能です。

Hexa1

ここで、G7 Lydian7th(D Melodic Monor)にもG、Aのヘキサトニックが存在します。

ということで、最初の1小節ではGとAのヘキサトニック、後の1小節ではDbとEbのヘキサトニックをつかいパターンを組みます、、。

 

Hexa2

初期のハービーのような複雑なサウンドになってきました。

このように、ツーファイブでもいろいろなサウンドを表現することが可能です。

www.tomosax.net

~~~ブログの内容をすべてPDFにまとめました。~~~

 

 

 

詳しくはこちら。